クレジットカード現金化の仕組

クレジットカードの現金化は、困ったときに使える一つのテクニックとしてよく言われますよね。
これのおかげで、本当なら手に入らなかった現金を作れることもあります。
金欠時には大変魅力的な方法ですが、一体どういう仕組で現金が作れるのか、お金が絡む話ですので気になる方も多いでしょう。


この仕組みですが、流れを知ると意外と簡単です。
まずはそのクレジットカードのショッピング枠を一回使います。
すると、何らかの商品を購入できたり、サービスを利用できたりしますよね。
ショッピング枠をこれら商品やサービスに一度使えば、あとは何らかの方法で現金化ができます。
たとえばそれが商品の購入なら、その商品を売れば現金になりますよね。
買取り型、転売型などと言われますが、クレジットカードの現金化で非常によく使われる方法です。

ほかにもキャッシュバック型という方法もあります。
これはショッピング枠の換金を仲介する業者を使わないと、なかなか利用できない方法ですが、業者が販売した商品の購入特典として、大型の現金キャッシュバックをしてくれます。
これで、購入に使ったお金を返してもらえますので、結果的に現金化できるわけです。

これら以外の方法はあまりメジャーではありませんが、キャンセルによる払い戻しを利用して現金化する方法もあります。
たとえば駅で新幹線の切符を購入したとしましょう。
もちろん購入はクレジットカードのショッピング枠を使ってください。
それで手に入れた切符は、乗車日を過ぎたり、実際に改札を通したりしない限りは、キャンセルが可能です。
駅の窓口にキャンセルを申請すると、その場で購入に使ったお金を払い戻してもらえます。
これはその場での現金支払いになることが多いので、結果的にクレジットカードのショッピング枠を現金へと換えられたことになりますね。

このようにクレジットカードのショッピング枠は、そのままでは換金できませんが、一度何かの商品やサービスに変えれば、そのあとの転売やキャッシュバック、払い戻しなどで現金に換えられるというわけです。
よく言われるクレジットカードの現金化とは、このような仕組になっています。

コレを実際に試したいときは、個人でできる方法もあるものの、業者を使う方が多いですね。
この業者とは何か、実際にどんな仕組でクレジットカードを現金化してくれるのか、さらにご紹介していきましょう。

まず業者ですが、これは銀行や貸金業者などではなく、ショッピング枠の現金化をビジネスにしている専門業者になります。
そのような業者でしか、ショッピング枠の換金はできませんので、業者に仲介してもらいたいときは、必ず専門業者を探してください。
業者を見つけたら、サービスの利用を申込みします。
するとこの業者が何か商品を販売してくれますので、それを購入してください。
これがショッピング枠の換金のため、必ず必要になる元手の商品になるわけです。

それを購入すると、カード会社からその仲介業者へお金が入ります。
そのお金を利用者へと返すため、その業者が販売した商品をまもなく買い戻したり、キャッシュバックという形で返金してくれたりします。
この返金されたものが、元々はクレジットカードのショッピング枠だったお金になります。
コレで換金成功というわけですね。

ちなみに、返金にかかる期間は、各業者によって違います。
カード会社からの実際の入金を待たずにすぐ返金してくれる業者もいれば、実際の入金を待ってから返金という業者もいます。
これは事前に確認できますから、都合のいい条件で換金してくれる業者を選んでください。

このように業者を使えば、換金用の商品の販売から実際の返金手続きまで、すべての手続きをやってくれます。
いろいろな手続きをいろいろな場所で、自分でやる必要がなくなりますので、個人でも簡単にショッピング枠を換金できます。
もし個人で換金するには知識も経験も必要ですが、それがない初心者の方でも気軽に現金化できるのは、この業者がそれを仲介してくれるからなんですね。

このように気軽に換金できる仕組があるため、これを使っている方も多いです。
優良業者になりますと、利用の申込みから返金までにかかる手続きが、わずか10分程度という場合もありますからね。
ちなみに新規にキャッシングを契約する場合、どんなに手続きが早いサービスでも、審査で30分ほどかかることも多いです。
それに比べると、クレジットカードの現金化は非常にスピーディに現金を作れます。
すでに持っているカードと利用枠を活用するため、審査なども必要ないからですね。

ですから、まだショッピング枠に空きがあるクレジットカードさえあれば、男性でも女性でも、フリーターなどの方でも、問題なく現金を作れることが多いんです。
ただし、換金の仕組み的に、使ったショッピング枠よりやや少ない金額までしか現金化できないという特徴もあります。
1万円で買った商品が、1万円以上で売れることは、普通ありませんからね。
キャッシュバックや払い戻しでも同じで、このようなサービスを使った対価として手数料が必要で、その分を差し引いての支払いになるのが普通です。
その結果、実際に使ったものよりやや少ない金額が、現金となって支払われます。

クレジットカードの現金化とは、以上のような仕組の方法やサービスのことです。

クレジットカード現金化業者の探し方