クレジットカードで現金化するときの注意点

HOME » クレジットの現金化の仕組み » クレジットカードで現金化するときの注意点

クレジットカードで現金化するときの注意点

クレジットカードの現金化を利用している方はたくさんおり、それを仲介してくれる業者も多数いるわけですが、利用前に必ず押さえたい基本的な注意点もあります。
それは、あくまで個人的にこれら換金を行うことです。

クレジットカードの現金化をより正確に言うと、「ショッピング枠の現金化」になります。
ショッピング枠とは、現金ナシでお買い物やその他の支払いができる機能のこと。
つまり現金を借りるためではない機能なんですね。
それをちょっとした裏技で現金に換えるのが、これら現金化の方法やサービスなんです。
これはカード会社が想定していない形での使用になりますので、会社側に知られると、今後のカードの利用に影響する恐れがあります。

ですから、ショッピング枠を換金したいときは、基本的にカード会社にはその希望を伏せ、あくまで個人的にやるのが基本です。
換金サービスを行っている業者も、カード会社からの了承などは基本的に求めません。
利用者がその業者のサービスと利用規約に同意すれば、個人の責任で利用が可能です。
ですからカード会社にはこの現金化のことを伏せ、自己責任で利用してください。

もちろんこれは現金化を試す前だけでなく、換金した後も同様です。
ショッピング枠を換金した事実はカード会社に伏せておくのはもちろんのこと、それが明らかに分かるような利用も避けてください。
たとえば、個人でやるクレジットカード現金化でよくあるのですが、新幹線のチケットなど、確実に高値がつく商品を不自然な頻度、量で購入していると、現金化のことを疑われる場合があります。

同じことは返済でも言えます。
突然高価な買い物をしてまったく返済ができなかった場合、最初から換金目的の利用だったのではと疑われる場合がありますね。
このような場合でも、今後のカードの利用に影響する場合があります。
このような利用は基本的に避け、カード会社にその事実が伝わらないように、個人で上手に利用してください。