クレジットカードの現金化にはショッピング枠を活用

HOME » クレジットの現金化の仕組み » クレジットカードの現金化にはショッピング枠を活用

クレジットカードの現金化にはショッピング枠を活用

クレジットカードの現金化にまだあまり詳しくない方は、このカードの何を現金化するのか、いまいち曖昧な方も多いのではないでしょうか?
これらは、各カードについているショッピング枠を換金する方法やサービスのことです。
この点はしっかり確認しておいてください。

ショッピング枠とは、クレジットカードの基本的な機能のことで、現金ナシでお店での買い物や、支払いができる機能のことですね。
これがついていないカードは、クレジットカードとは言えないくらい、とても基本的な機能です。
現金ナシで支払いができるのは便利なんですが、現金自体を借りれるサービスではありません。
ですから、現金が欲しい方には、かゆいところにあと一歩で手が届かないサービスだと感じられがちです。
50万円近くこのカードで支払いができるなら、50万円借りれる枠を持っているのに近いですからね。
しかしそれがカードのショッピング枠だと、何かの支払いのために使えるだけで、現金化はできないんです。

その普通なら現金にできないショッピング枠を、現金へと変えるのが、よく言われる「クレジットカードの現金化」なんですね。
つまりはちょっとした裏技としてのテクニックですので、普通にキャッシングサービスなどを使うときよりは、手続きが多くなる方法です。

ショッピング枠単体ではどうやっても現金にできませんので、まずは一度それを何かの商品に変えます。
カードが使えるお店での買い物なら、ショッピング枠は普通に使えますからね。
そして商品を購入すれば、それを転売することで現金が手に入ります。
このような裏技になるため、クレジットカードの現金化をすると、どうしても現金にできる金額が減ります。
どんなに高く売れる商品を買っても、元値以上の値段で売れることはほぼありませんからね。
これは本来なら現金にできない枠を現金に換えるため、どうしても避けられない一種の手数料だと思ってください。

このようにクレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を現金に換えるテクニックのことですから、よく確認しておいてください。