クレジットカードの現金化に違法性はある?

HOME » クレジットの現金化の仕組み » クレジットカードの現金化に違法性はある?

クレジットカードの現金化に違法性はある?

クレジットカードの現金化に違法性はあるのか、気になる方も多いのではないでしょうか?
まずショッピング枠を換金すること自体に、違法性はそれほどありません。
これは昔から個人でもよく行われていたことですし、それを仲介している業者にも、すでに創業して10年以上が経っているという老舗もあるくらいです。
これを利用した方が逮捕されたといった事例は、まったくありません。
ですから、少なくとも刑事責任を問われるような強い違法性はないんです。

特に最近は、「キャッシュバック式」というグレーゾーンの方法で換金する業者も増えています。
これは自社が販売する商品を購入した利用者には、その購入代金の大半を現金でキャッシュバックするという方式です。
このような特典を付けて商品を販売するのは、各業者の自由ですからね。
それを使ってショッピング枠を換金する形になっても、利用者が法的責任を問われることはまずありません。

このようにショッピング枠の換金自体に強い違法性はないんですが、一応知っておきたい基礎知識として、転売型で換金すると、厳密には法令違反になる場合があります。
もちろんそれで逮捕者が出たことは一度もないんですが、そのような仕組み自体は知っておきたいですよね。

ショッピング枠を換金する方法として、転売型は基本ですよね。
カードで購入した商品をすぐ転売することで、現金に換えられるという方法です。
これで一応知っておきたいのは、クレジットカードで購入し、まだあなたの側でその利用金額を清算していない場合、買った商品の所有権はカード会社にあることです。

もちろんこれは日常感覚ではあまり実感できないことでしょう。
カード会社としても、まだ清算が終わっていない商品について、所有権を主張することはまずありませんからね。
ただ、一応はそういう仕組みになりますので、コレをすぐに転売すると、他人のものを売ったということで、厳密には法令違反となる場合があります。
しかし実際には、転売の事実をカード会社が把握する方法がほぼない上、仮に判明したとしても軽い違反行為だと判断されやすく、法的な問題になることはほとんどありません。

以上のように、クレジットカード現金化に違法性はほぼありません。
厳密に言っても法令違反は避けたいなら、キャッシュバック型の現金化業者を使うといいですよ。