クレジットカード現金化は悪徳業者に注意

HOME » クレジットの現金化の仕組み » クレジットカード現金化は悪徳業者に注意

クレジットカード現金化は悪徳業者に注意

クレジットカードを現金化する主要な方法が、それを仲介する換金業者を使うというもの。
個人でこの現金化の方法の仕組みを知らなくても換金できるいい方法なんですが、1点だけ必ず知っておきたいことがあります。
それが悪徳業者への注意です。
簡単にいうとキャッシング業界での「闇金」にあたるような業者ですね。

そのような一部の業者がクレジットカードの現金化を掲げて、利用者を募集している例があります。
このような一部の悪徳業者は、もちろん利用はオススメできません。
初心者の方や、スムーズに換金を仲介してほしい方は、事前の約束通りにこれをやってくれる大半の健全な業者を使ってください。
これが業者を使って現金化する場合の、必ず知っておきたい基本です。

悪徳業者が具体的にどんな対応をするかというと、よくあるのは約束通りに換金してくれなかったという例です。
たとえば20万円のショッピング枠を使ってその業者が用意した商品を購入したら、15万円を現金でキャッシュバックするという話で利用したとしましょう。
普通の業者なら、約束通りに15万円を現金で返してくれます。
その15万円がアナタにとって換金できたショッピング枠になり、残りの5万円は業者にとっての換金による手数料収入になるわけです。
コレが悪徳業者になると、約束を破って10万円しか換金してくれなかったり、ひどい例では一切現金を返さず、そのまま連絡が取れなくなったりするわけです。
悪徳業者を使うと、このようなことがよく起こります。

この一部の業者を使うと何かとトラブルになりやすいため、普通にクレジットカードを現金化したい方は、健全な大多数の業者を使うことをオススメします。
知っておきたい基本的な見分け方ですが、健全な業者は会社の情報がしっかり記載されており、連絡先や営業日も明記されています。
悪徳業者はコレが曖昧で、連絡先も携帯電話やフリーメールアドレスしかないなど、闇金に共通する特徴があります。

このようにクレジットカードの現金化を仲介する業者には、悪徳業者が一部にいることは必ず確認しておいてください。
業者を使うなら、大多数の健全な業者を選んでくださいね。