現金化したクレジットカードの返済はどうなる?

HOME » クレジットの現金化の仕組み » 現金化したクレジットカードの返済はどうなる?

現金化したクレジットカードの返済はどうなる?

クレジットカードの現金化ですが、そもそもクレジットカード自体が借金にあたるサービスですので、換金で手に入れたその現金も、借金になります。
借金といえば返済がつきものですよね。
現金化したこのお金の返済はどうすればいいのか、基本的な仕組みをご紹介しましょう。

感覚的には、返済はショッピング枠の換金業者にするものと思えるかもしれません。
現金化したそのお金は、その業者から直接渡されたり、振り込まれたりすることが多いですからね。
しかし、これら仲介業者に返済する必要は一切ありません。
クレジットカードの使用分は、すべてそのカード会社にするのが基本です。
これはショッピング枠を換金したときでも同じです。

現金に換えたことで少しわかりにくくなりますが、その現金はつまりそのカードのショッピング枠の使用分に当たります。
ですから、普段ショッピング機能を使ったときとまったく同じ方法で、同じように返済することになります。
ショッピング機能の返済は、使用した日の翌月以降に請求されることが多いですよね。
リボ払いへの変更など特殊な設定をしていなければ、一括払いになることも多いでしょう。
普段このように利用しているなら、現金化したときも同じです。
使った金額分の請求がまもなく来ますので、そのときにカード会社まで返済すれば、これで現金化のために使った利用分の清算は完了です。

現金を直接渡してくれるその業者は何をしているかというと、これは単に換金をしているだけなんです。
ショッピング枠をその業者で使うことで、カード会社からその業者へとお金が入りますから、そのお金の一部を利用者に返しているだけなんですよ。
元となったお金はあくまでカード会社のものですし、その支払いをカード会社まで依頼したのは、カードの持ち主であるアナタというわけです。
ですから、このために使ったお金の返済は、カード会社までいつも通りにすればOKです。
間違えてこの業者にお金を返さないように気を付けてください。